トップ > パサパサする感じは染毛剤が原因なのか?

パサパサする感じは染毛剤が原因なのか?

ヘアカラーを使って髪がパサパサする感じになってしまうのは、髪を染める為に配合されている過酸化水素は、髪を構成している色素を抜いて色を入れるため、白髪染め剤を使用すると必ず髪にダメージをのこしてしまうのです。

そして、液材混合タイプの一剤にはアルカリ成分という髪の毛の内部に薬剤を浸透させるために配合されており、アルカリ剤が髪に残ってしまったままになるので髪のツヤを施しているキューテイクルが開きっぱなしになるためはがれやすくなります。

髪を染めるとアルカリ性になってしまうので、中和させるための酸性リンスを用いることで元の髪質へもどす努力をすると可能ではありますが、この時に用いる酸性リンスが強いタイプだと、せっかくアルカリ性で髪を染め上げたのに色落ちの原因となることもありえるのです。

だからこそ、化学的な毛染めではなく天然色素で染め上げるヘアカラータイプの白髪染めが白髪染めランキング等でもご紹介されることが多くなっています。

前の記事 | 次の記事

関連記事