トップ > どうして、白髪染めをするの?

どうして、白髪染めをするの?


どうして、人間は白髪になってしまうのでしょうか?
その原因にはいくつかあるのですが、その中でももっとも大きなものは加齢現象ですね。

年齢を重ねてきたときには、髪の毛が黒い髪の毛の元になっていくメラニン色素を作れなくなってしまうのです。
このことによって、それまでは真っ黒だった髪の毛が、徐々に白髪になってしまいます。

しかし、このメラニン色素を作る働きは、その方によって個人差がかなり大きなものになっています。
ですから、このメラニン色素を作る能力の差が、その方が白髪になってしまうのかならないのかの分かれ目です。

メラニン色素を作る力が強くない方は、早い段階から白髪になってしまいます。
そうなったら、白髪染めをして白髪を目立たなくしていく必要があるでしょう。

また、いくつになっても髪の毛のメラニン色素を作る働きが強い方は、白髪染めを行わなくても、黒々とした髪の毛を維持していくことが可能です。
メラニン色素を作る働きには、かなりの個人差があることも覚えておきたいものですね。





前の記事 | 次の記事

関連記事